年賀状ソフトランキング

年賀状ソフトっていろいろな名前のものがあって、
しかも?似ているというw

 

そんな中で、果たしてどんなランキングに
なっているのでしょう?

 

PC導入実績No.1なのが筆ぐるめ。


 

富士ソフトの製品ですが、定番の
年賀状ソフトになっていますね。

 

もちろん、年賀状以外にも?
暑中見舞いなど各種挨拶状の
作成もできるので、一年中活躍
してくれるソフトになっています。

 

ダウンロード版であれば?
すぐに使えるというのも嬉しいですね♪

 

↓無料ダウンロードもできます↓

 

筆ぐるめストア

 

 

筆王

 

製品別販売本数No.1の年賀状ソフトが?
筆王です。

 

筆王はソースネクストのソフト。
ソフト1つでパソコン5台まで使えるので?
家族や親子で使えるというのも便利ですね。

 

筆ぐるめにするか?
筆王を使うか?

 

うーん。
迷いどころですw

 

 

筆まめ
デザイン・イラストが45万点あるという、
豊富なデザインの中から年賀状を作れる
ソフトが筆まめ。

 

筆まめもソースネクストのソフトです。

 

「日本三大友禅」デザイン年賀状が
作れるなど、こだわりの素材を使いたい
という場合は筆まめがいいでしょう。

 

値段も?
筆ぐるめや筆王とほとんど変わりませんから(笑)

 

 

宛名職人

 

Mac用の年賀状ソフトといえば?
販売本数18年連続でNo.1の宛名職人。
宛名職人もソースネクストのソフトです。

 

使い勝手もどんどん改良されているので、
マックで使うなら宛名職人だよね
っていうのはもう、定番というか、
なんというか。

 

iCloudに対応しているので、
複数のMadで共有できるというのも
便利ですよね〜。

 

 

年賀状ソフトランキング 無料

 

数ある年賀状ソフトの中で、
無料ダウンロードできるのは?

 

筆ぐるめです。

 

 

筆ぐるめには試用版というか、
無料体験版がダウンロードできる
ページがあるので?

 

まずはどんな使い勝手なのか、
無料で試してみることができます。

 

もちろん、有料で製品を購入するのと比べると?
素材だったりフォントだったりデザインなどは
制限されていますけどね。

 

「こんな感じの使い勝手なんだね〜」
というのを実感するための試用版
という感じ。

 

やってみると分かりますが、
「あわよくば無料体験版で年賀状作成を
済ませてしまおう(ニヤニヤ)」

 

ということはできないさじ加減に
なっています(笑)

年賀状を買いに行く?

年末の過ごし方。
風物詩というか、毎年恒例なのが?
年賀状を書くという作業。

 

もちろん、今はLINEなどで済ませる
という人も多いですが、
「毎年やっぱり年賀状は挨拶として
送らないとね」

 

っていうご家庭はまだまだ多いのが
現状というか。

 

特に自営業だと、そういうのって大事
ですからね。

 

メールやLINEなどでお手軽に新年の挨拶を
済ませるというのも否定はしませんが、
年に一度のものですから、けじめとして?

 

年賀状を送るというのは大事なこと。

 

 

とはいっても、裏表ともに印刷しただけの
ありきたりの年賀状も味気ないかな〜
って思っていませんか?

 

そんなときは、一言でも手書きの文章を
書き加えるだけで印象はだいぶ変わってきます。

 

ちなみに、年賀状は本来は1月1日の元日に
届くように、遅くとも12月25日、つまり
クリスマスまでには出さなければいけません。

 

とはいっても、やはり12月は何かと
仕事などで忙しく、年末の休暇に入ってから
やっと書き始めるという場合も多いです。

 

もっとのんびりな場合は?
届いた年賀状にだけ返事を書く
というつわものもいますw

 

↑私もこういうタイプだったりww

 

さて。
年賀状は早割というか、年末になって
慌てて買いに行くというよりは?
もっと早い段階で買いに行ったほうが
断然良いのは、やはりいろいろな年賀状を
少しでも安く買えるというのがあるから。

 

割引率はまあ、もともとが安いので
大したことはありませんが(笑)

 

ちなみに、年が明けてから年賀状を
買いに行ったこともありますが、例えばコンビニでも
買えないことはないものの?

 

良い絵柄のものはすでに売り切れてしまって、
気に入らないような絵柄だけが
ちょこんと残っているような状態でした。

 

やはり、ちゃんと年内に準備してクリスマスまでには
送る!
っていうのが大事ですね〜。

更新履歴